これで毎日早起きできる?こんなアプローチがあるんです!

朝早く起きること


Kanye West - Good Morning

これはわれわれにとって、一番大事な挑戦ではないでしょうか?

十分な時間寝てません!!

と思っていても、

目覚まし時計は毎朝、最大の宿敵でござるwww

ただしかし、

ゆったりと立ち上がって時計へ

または

再び眠りに落ちない

これができれば早起きは難しくありません。


今回は、早起きに役立つ

 

5つのアプローチ

 

についてお話します。みなさんの中には、今までいろんな方法試したけど結局早起きできないよと思ってる方いらっしゃいますよね。ここで大事なことは、今から紹介する方法はあくまで早起きの補助に過ぎないことです。早起きする理由がなければおそらくですが続きません。魔術ではないので、その点をご了承ください。

f:id:musicbringsustogether:20200130122150p:plain

1.目覚まし時計をできるだけ遠くに配置する


とっても疲れていて、まったく気づかずに目覚まし時計をオフにしてしまった~~ということがあるのはよくありますよね。数分後、びっくりして目を覚ましたらもう既に時遅しなんてことありませんか?。

すでにスヌーズは消えていましたが、気付かずにオフにしていました。

それを回避するために

 

目覚まし時計をできるだけ遠くに置くことが非常に重要です。


朝の無気力状態にも関わらず、近所の方々を悩ませるうるさいノイズをオフにする以外に朝の選択肢はありませんwww

そうすれば、すぐに歩けるようになり、眠り続ける誘惑を感じずに済みます!

 

これは、他者を気にしたり、迷惑をかけたくないという心理を使っています。

 

目覚まし時計の音量が大きく設定されていて、無視できないアラームが設定されていることを確認しておけば、もうこれで早起き決定ですねwww

 

2.睡眠環境を整える

睡眠環境に気を配ることが非常に重要で、眠りにつくのと同じくらい起床に誘いこんでくれます。これを達成するには、とあることが必要です。スリーブのコンピューターのライトや携帯電話のメンションなど、気を散らす可能性のあるものすべてを排除してください。

たとえば?

メッセージを受信できる携帯電話、一晩中オンになっている電子機器。これらはすべて、あなたが眠りにつくのを徹底して邪魔をし、最悪な眠りを提供します。

 

3.音楽を使う


目を覚まして最高な音楽をかけることは、あなたを元気づけ、一日をうまく始めるのに最も良い選択肢となるでしょう。

 

もちろん、起きて目を覚ますだけでなく、隣人にも同じことをさせないよう、あまりにも音を大きくしないようにwwww

tabi-labo.com

しーかし、あなたは疑問に思っているかもしれません。起きるのに最適な音楽は何?とね。

正解はこれ!

open.spotify.com

 

4.アプリを使っていくのである!

app-liv.jp

最新のテクノロジーのおかげで、再びスリープ状態に戻ることを回避しましょう。これらアプリの中には、睡眠サイクルを大事に、より良い休息をとるようにプログラムされているものがあるのです。しかし、目覚まし時計が鳴っても起きれないんですよね。

それを解決するのがこれ!

「目覚まし時計パズル」

と呼ばれる非常にキモいアプリがありますwww

このアプリは目覚まし時計で、あなたが起きていることがわかるまで鳴り止みません。アラームを永久にオフにするには、さまざまな問題や謎を解決する必要がありますw朝、アラームを止めるためにゲームをしなければならないのですwww

集中力を必要とするゲームで一日を始めると、あなたはもはや出勤したも同然ですw

 

5.健康的な睡眠パターンを維持する

www.e-kango.net


健康的な睡眠パターンを維持し、起きなければならない瞬間を延ばすことなくより精力的に目覚めるには、おそらくあなたが見落としている、神から与えられた一連のステップに従いましょう。夕食で大量摂取しないこと。同様に、午後6時からカフェインを摂取することはお勧めできません。また、就寝時​​間に関しては、一貫性を保とうとすることを忘れないでください。また、就寝時間は十分な休息が取れるようにする必要があります。

少なくとも7時間は寝るべきだということを忘れないでください。

一人一人が異なり、10時間で十分な人もいれば、4時間が必要な人もいます。重要なことは、良い睡眠パターンを維持し、健康な習慣を身に付けることです。 上の5つ是非試してみてください!

 

参考文献

http://www.hsc-i.jp/05_chousa/doc/suimin_program/no5.pdf

https://www.soai.ac.jp/univ/pdf/kenkyu_h1nishisako.PDF

https://psych.or.jp/wp-content/uploads/old/53-27.pdf

 

それでは良い朝を!

}); }());