文化人類学 『パースペクティヴ』という概念

『パースペクティヴ』とは by ヴィヴィエス・カストロ

 

観点を変えて,モノの本質を見極めることであり,またその方法を指す.

 

ジャガーにとって血は「ワイン」

ミミズにとって泥は「家」

人間にとって空気は「命」

 

ジャガーや精霊から見ると人間は獲物

獲物から見ると猟師はジャガー

 

自分自身が持つ視点を広げることで,文化の価値を確かめることができる.

 

では人間の体とは何を意味するのか.

動物と人間の肉体は基本的に同質であり,種の独自性は,「体が何をするのか」によって決まってくるのでは.

 

パースペクティヴは身体に根差している.

 

存在間の差異=身体的な差異

パースペクティヴ及びそこから展開していく自然・世界に多様性が生じる.

 

服や装飾は体の一部であり,体も装いである.

マスク:人間の本質を隠さず,異質の力を活性化させるもの.

 

『CATWOMAN』

自然科学的:生理的に変化し強くなった.

パースペクティヴ的:猫の生態を理解し特性を習得することで能力が高まった.

 

『クレイジーリッチ』

自然主義的:金持ちの行動は文化で,個々の自然によらない外的社会からの要求

パースペクティヴ的:特定の服装や特有の行為で,人間は内在する異なる体を活性化させる.=自分も世界も変わっていく.

 

これは「環境が人間を変える」というスキームにも発展可能か.

 

『THE MASK』

自然主義:アフェクトと能力は本質的に主体であり,マスクはそれを強化する

パースペクティヴ:主体が発揮できるアフェクトや能力はマスクによって異なる

 

パースペクティヴィズムでは...

自然とは我々の行為と関係性によってできていく世界であり,多様な体をもとに多様な自然がある. 自然主義は一つのパースペクティヴである!

 

レーン・ウィラースレフとは誰か

実生活に根差したパースペクティヴの交換を行う研究者.

 

『ミメシス』という概念

模倣だが肉体的感覚的接触,完全な一致ではなく,部分的なそれ

私でなく,私でなくはない

 

 

・人間行動とウィラースレフが描く狩猟との類似点は

獣の皮をかぶることによって,外見が獣へと変わる. また群れを成して動くさまも似ていて,まるで人間ではないものとして動いている点.

 

・どの視点からミメシス?

動物と対等に会話をしたり,同じコミュニケーション方法を取れるレベル

見た目だけを変えても,ディープな関係性まで近づくことは厳しい

 

・どういったパースペクティヴか

ミメシスは本質的な部分を考えた時,模倣を行う者は思考や態度までを完全に変化させることも環境によっては可能であり,そういう意味ではパースペクティヴィズムの中に含まれる一つの行為がミメシスだと考える. 役者に限らず人間全員は社会における役者であり,役者はその行為自体をより専門家させている現象にあると考える.

 

 

 

 

 

 

 

}); }());