※大学生向け 大学のレポートを高評価で作成する、その方法

今回は、私自身も直面している卒業論文や大学レポートについて。

www.instagram.com

どうすれば高評価をもらえるレポートが書けるのでしょうか?

早速見ていきましょう

f:id:musicbringsustogether:20200130151713j:plain



論文並びにレポートのグーグルマップ化を大事に!

f:id:musicbringsustogether:20200130151753p:plain



論文を書くとうことは、「一貫かつ一連となった内容」をまとめることを意味します。論文は一周400mの障害物競争であるため、一度に1つのアイデアを提供することが大事です。読み手にとって最もインパクトのある順序でアイデアを提示していくことが大事です。論文をうまく構成するということは、読者の論理に注意を傾けることを意味しています。

 

そのような論文の焦点は、その構造を予測させます。そして、読み手が、「これは知る必要がある!」と思う情報と、「それを受け取る必要がある!」と思う順序を決定します。

したがって、

書いていく論文の構造は、「伝える内容によってユニークな順番を取ることがある!」のです

昔風な論文タイプ(比較分析など)をする際のテンプレートは、なるべく避けたほうが良いかと思います。

 

論文のグーグルマップ化

 

読み手の論理に従い、論文を形作ることは

 

「論文を検証すること。読み手が議論の内容を把握し、また確信を得ること。」
「読み手が知る必要があること、読み手が読みやすい順序を予測すること」

 

を表します。

これを行う、最も簡単な方法を紹介します。

書かれた文章を通して論文の内容をグーグルマップにしてくださいwww
論文に書かれた内容を読み手がサーチしやすいように、「どこに何を書いているのか」を明確にするのです!

論文を読むにつれて、読み手は

「背景情報、反論、一次資料の詳細な分析、または二次資料への移行ができる場所」を予測してきます。

例えば、
次のように展開します。

「私が行う主張にみなが納得するために、みなさんが最初に知るべきことは…だよ。」

次に、

それが

「読者が知る必要がある最初の理由である」と言って、

あなたが主張するだろうと思う証拠の1つまたは2つの項目を挙げます。

これにより、「何が?」に答えていくのです。
次はこうです。

「読み手が次に知っておくべきことは…」としつこく理由を言って、方法を述べるパートまで続けてみましょう!

 

 

www.instagram.com

論文の一部

 

引数の紹介、データの分析、反論の提起、結論と並んだレポートですが

導入部と結論は場所を固定していきます。

データの分析と反論提起など、少しいじってみましょう!

 

たとえば、

反論は、段落内、独立部分、開始の一部、または終了の前に表示されます。

背景となる部分(歴史的背景または伝記情報、関連する理論または批判の要約、重要な用語の定義)は、論文の冒頭、紹介と最初の分析部分の間に登場させると見やすいです。

また、

論文のパーツを、「読み手が論文に遭遇したときに聞きたくなる一連の質問に答えているもの」と考えるといいでしょう。

なぜなら、読み手は質問をしますよね。もしそうじゃないなら、

 

www.instagram.com

私の論文は「事実だけを述べたごみくず」

になってしまうからですwww

 

読み手から来るであろう質問はおそらく

 

f:id:musicbringsustogether:20200130152639j:plain

「何が?」

です。

 

あなたの論文で説明されている現象が「事実もしくは正しい!」であることを示す証拠は何ですか?すべての証拠を調べて、

www.instagram.com

自分が起こしている主張の事実

 

を証明しましょう。この「何が?」または「証明」のパートは、多くの場合、導入直後に、論文の早い段階で登場させましょう。本質的に、

「あなたが観察したことを報告している」

ので、これはあなたが最初に書き始めたときにあなたが最も言いたいことのある部分です。

ただし、

完成した論文の半分近くもその部分に費やすのはやめましょう。

もしそうなら、論文ははバランスを欠き、「単なる要約または説明」になり、ごみくずへと化します。

次は、

 

f:id:musicbringsustogether:20200130152358j:plain

"どうやってそうなったの?"

です。

読み手は、論文の主張があらゆるものに当てはまるかどうかも知りたいはずです。対応する質問は「どうやってそうなったのか」です。論文は反論に対抗できる力が必要です。新しい資料のインサート(証拠を見る新しく斬新な方法、または別のリソース)は、あなたの主張にどのような効果効能をもたらすのでしょう。日常的には、論文には少なくとも1回、「どうやってやったのか」パートが含まれます。 このパートは通常、「何が?」の後に来ると思います。

 

f:id:musicbringsustogether:20200130152450p:plain

"なぜそうなるの?"

 

読み手は書き手の主張に「何が問題なの?」かを知りたがるはずです。ある現象に対する私の解釈が「誰かにとって重要」なのはなぜか。この質問は、論文のより大きな意味に対して効果を発揮します。これに答えることで、読み手は

「エッセイをより大きな文脈で理解する」

ことができます。 「なぜそうなるの?」に答えるとき、論文はそれ自身の重要性を説明します。イントロでこの質問に答えることができますが、それに対する答えを書くのはは、論文の終わりが適切かと思います。もしそれを省くと、読み手はその論文を

「未完成として,残念なもの」

と感じるでしょう。

 

 

以上、コツを書いてみたので是非講義レポートなど小さな宿題から

実践をしてみてください。

 

「主張に対する理由付け」

によって相手の理解を補うことが最も大事なことかもしれません。

 

参考文献はこちらです

https://daikore.com/report/

https://www.sgu.ac.jp/eco/rp/eco_report00.htmlhttp://mcn-www.jwu.ac.jp/~kuto/Writing/HowToWrite.html

 

}); }());